Re:Home

夢の新築一戸建てにかかる費用を考慮しよう

新築が人気の理由

戸建ては新築が一番

家

都心から20分弱とアクセスが良いことから千葉県でも人気の街の一つとなっている市川市では持ち家に新築一戸建てが多く選択されています。
東京都内同様に市川市には駅周辺を中心にマンションが多くありますが、新築一戸建てを購入する方が多くいるのは間取りや内装、外観など自分のこだわりを反映させた家を持つことが出来るからです。
分譲住宅の場合は完成した物件を購入するため別となりますが、注文住宅は細部にわたって注文することが出来ます。
たとえば、窓枠から使用する建材まで指定することが出来るので、一から家造りを行うことが出来ます。
もちろん、そうした建材等に詳しくない方でも安心です。
工務店やハウスメーカーの担当の方にイメージを伝えれば、その担当者が目に見える形で自身の理想を図面等に現してくれるので、専門的な知識がなくても理想の家を持つことが出来ます。
そして、新築一戸建てはメーカー側に完成引き渡しから十年間の保証が義務づけられています。
そのためその十年間の間に建物に欠陥等が見つかった場合メーカー側に無料で補修を依頼することが出来ます。
こうした長期間の保証が用意されているため、建物の状態に関して長い間心配することなく暮らすことが出来ます。
また、建物と一緒に土地も購入することになるため、土地の資産価値も持てるというのも新築一戸建ての魅力であり、市川市で持ち家に人気となっている理由です。
土地の資産価値というのは建物とは違い時間の経過とは関係ないため、一生資産価値を有していることが出来ます。
市川市は人気の高い街であるため、購入した時よりも価値が上昇する可能性も大いにあります。
新築一戸建てはこのような特徴を持っていることから、市川市での持ち家購入に多くの方が選んでいます。

重量やメンテナンスを考慮

一軒家

市川市に新築一戸建てを建てる場合、屋根に求められる第一の条件は、雨露をしのぐことです。
新築一戸建ての雨漏りを防ぐには、谷が少ないシンプルな屋根にして、市川市の気候・風土や屋根材に合う勾配をとることが大切です。
複雑な屋根にすると小屋組みも複雑になり、費用がかさみます。
建物に加わる地震の力(横揺れ)は、建物の重さと比例します。
そのため屋根の重さによって必要な耐力壁の量が違います。
重要のある屋根材を使った市川市の木造新築一戸建て住宅では、耐力壁の量を多くするだけでなく、屋根を支える柱や梁、土台、基礎なども充分な強度が必要です。
つまりコストを抑えて窓の大きな新築一戸建てを市川市に建てるには、屋根は軽量の方がいいのです。
軽量の屋根材はスレート系や金属系があります。
スレートは元々玄昌石をスライスした天然スレートのことですが、価格が高く一般的ではありません。
現在のスレート系屋根材の主流はセメントが主材料の人造スレートです。
以前は石綿が含まれていましたが、健康への害が問題になってからは石綿を含まないものへと移行しました。
人造スレートの屋根材は、粘度がわらの2分の1から3分の1程度の重さで洋風の外観とマッチし、価格も手ごろなのが特長です。
耐候性ある塗装が施されていますが、定期的に塗り替えが必要です。
一方、粘度がわらは重量があり価格は高いですが、耐候性や耐久性に優れ、塗り替えの必要がなく高級感があるのがメリットです。

予算を考慮しよう

インテリア

いつかはあこがれのマイホームとして一戸建て住宅の購入を夢見ている家庭も多いと思われます。
しかし、マイホームの購入というのは多くの家庭にとって人生で最も高額な買い物となるといわれています。
そのため、地価の高い船橋市周辺では、予算の都合上から一戸建て住宅の購入を諦めかけているケースも少なくないといわれています。
船橋市周辺で一戸建て住宅の購入を希望しているけれど、予算の都合上から新築一戸建ての購入は厳しいと悩んでいるのであれば、中古一戸建て住宅の購入を選択肢に加えてみることをお勧めします。
中古一戸建てであれば新築物件と比べても比較的割安な値段で購入することができますし、適切なリフォームを施せば内装に関しては新築物件に近い満足度を得ることも可能となります。
船橋市周辺で中古一戸建ての物件を探すのであれば、船橋市周辺での中古一戸建て物件の仲介事例が豊富な不動産業者に相談をしてみるのがよいといえます。
中古一戸建ての場合、新築物件と違って同条件の物件が複数市場に出回ることはないため、条件のよい物件はすぐに売買が成立する可能性が高いという傾向があります。
そのため、条件のよい物件に巡り合った際には即決できる体制を整えておくことが非常に重要となってきます。
そのためには、築年数や予算、立地条件などについて事前に家族としっかり話し合っておき、自分たちの希望を不動産業者にしっかりと伝えておくことが大切となります。